住宅ローン 何でも無料相談! 

住宅ローンの基礎や金利の比較、税金面の控除、繰上げ返済
審査内容、ローンと家賃のシュミレーションを交えて解りやすく
解説していきます。オススメ住宅ローンの紹介。

 

      
住宅ローン VS 家賃支払い
トップページ 管理人/ リンク集 / サイトマップ

住宅ローンを支払って住宅を購入してしまった方が良いのか?このまま気軽に賃貸住宅に住み続け家賃を支払い続けたほうが良いのか?


住宅ローンアドバイザー

当サイトは、初心者にも解りやすく住宅ローンを色々な面から解説するサイトです。

まずは、初めて住宅の購入を考えた場合に、現在住んでいる賃貸住宅との比較をしてみたいと思います。

あたりまえの事ですが、住宅というのは、住むための場所になります。

ひとり暮らしの方もふたり以上の家族の方も絶対に『住む場所』すなわち住宅は、必要です。

という事は、現金で分譲住宅や分譲マンションなどを購入しない限り家賃を支払うか、住宅ローンを支払うか いずれにしても住宅に関する費用が月々発生します。

分譲住宅や分譲マンションを現金で購入したり 親御さんの住宅を相続や譲り受けても 年間でみれば固定資産税などの公租公課や修繕積立金、管理費(マンション)が発生します。

10年単位でみれば一戸建ても修繕する箇所ができてきます。

単身、あるいは家族で生活するのには、必ず住宅費用が必要になります。だいたいの方は、月々に、必要になってきます。

生活費の中でおのずと住宅費用は、大きな割合を占めてくると思います。

そこで!!

本題の住宅ローンを支払って持ち家が良いか?賃貸住宅が良いか?の考え方を順番にお伝えしようと思います。

1つ目が、ライフスタイルです。
単身者の方も家族の方も仕事や学校の事から始まって、住宅に居る時間 人数 現在から何年か先の未来を考えた場合に理想とする場所、理想の広さ、それにマンションか一戸建てか などの住宅の種類も考えてみてください。

場所によっては、賃貸マンションしか無い場合もあります。


2つ目が、不動産という形で資産を持ちたいか どうかです。他に資産を持つのには、現金や有価証券やその他色々あると思います。

資産を持つあるいは、資産を残すのに住宅という範囲での不動産の取得や保有は、通常の不動産より税金面での控除が、あります。


3つ目が、所有するステータスを望むか、どうかです。
本人、あるいは、親戚や会社の同僚やある場面で持ち家か どうかで他人が、見る目が違うのは、確かです。

数えていけば、まだまだ、たくさん項目があるのと1つの項目も、もっと細分化して考えてしまいますので、あえて代表的なものに絞ってお伝えしました。

総論を申しますと、あくまで住む場所、生活の基盤となる場所です。

お金の損得もこれから、数コンテンツに渡って説明しますが、持ち家か賃貸住宅かの1番大切な考え方としては、

以外でしょうが

あまりお金では、計れない自分の憩いや子供を育てるなどの目標達成の為には、ここに、こういう形で住みたい!
という気持ちを大切にして下さい。

それを最優先するべきだと思います

ほとんどの方は、その結論が、可能であれば、持ち家になるのでは、ないでしょうか?

あくまで可能であればなんですが、それを可能にするのが、金利が安くしかも長期で組める住宅ローンという存在です。

住宅ローンというのは、基本的に家賃と同じように、月々に返済していくものです。

住宅ローンを良い条件で借りれば、あまりリスクも無く家賃と同じように支払っていけます。

何十年後には、間違いなくご自身のあるいは、ご家族に承継できる所有物になります。

建物は、年毎に償却されていきますが、それでも土地やマンションでも区分所有権が、価値として存在します。

住宅ローンを有利に借りるには、少なくとも住宅ローン知識や考え方を理解する必要があります

考え方や基本をわかり、銀行や業者さんの言いなりにならずに住宅ローンを有利に借入してください。

当サイトのコンテンツの中で項目に分けてできるだけ、解りやすく説明しますが、少しの差が、何千万もの金額を何十年に渡って借入する住宅ローンになりますから大きな差になります。



当サイトは、その住宅ローンの基礎や仕組み、固定金利が良いのか変動金利が良いのか?

など、初めて住宅の購入を真剣に考え初めた方や既に借入済みで借り換えや繰上げ返済を考えている方に解りやすくお伝えできればと思います。

 

 

 

 

 

 

〔PRサイト〕バイク保険






   






   Copyright(C)2007住宅ローン 金利 VS 家賃支払い.All rights reserved.